シミ消しに有効なトレチノインの原理

更新履歴

シミにはいくつかの種類がありますが、トラネキサム酸やトレチノイン治療が効果を発揮するのは、老人性色素斑、炎症後色素沈着、そばかすなどです。
肝斑も時間はかかりますが、改善効果が期待できます。
他のシミもレーザー治療などと組み合わせることで改善できる場合もあるので、医師と相談すると良いでしょう。
トレチノインがシミ治療に効果的と言われるのは、肌のターンオーバーを促進する性質を持っているからです。
表皮の下では、新しい細胞が常に生まれ変わっています。
表皮の一番下の層は、基底層と呼ばれますが、ここで肌の細胞は毎日生まれています。
生まれた細胞は、少しずつ上に押し上げられ、角層として表皮にあらわれます。
そして、最後には垢となって剥がれ落ちます。
この肌の周期をターンオーバーと呼び、ターンオーバーが正常であれば、美肌を維持することができます。
健康な肌のターンオーバーは28日くらいですが、年齢を重ねるごとにその期間は長くなります。
ターンオーバーが正常であれば、メラニン色素は不要な角層と一緒に剥がれ落ちますが、ターンオーバーが乱れると、メラニン色素は肌に残ってしまうため、シミになります。
特に基底層まで沈着したシミは、美白化粧品では消すことができないので、もう少し踏み込んだケアが必要になります。
トレチノインは、表皮の細胞分裂を活発にする働きがあるため、角層をどんどん剥がそうとします。
すると、基底層にあるメラニン色素もどんどん表皮に上がってくるので、2週間から4週間で外に排出されます。
また、同時にハイドロキノンを使用することで、メラニン色素が新たに作られるのを予防します。
これにより、シミのないきれいな肌に生まれ変わります。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ