トレチノインと潤いと生活習慣について

肌がきれいな女性

日焼け止めを塗って、紫外線対策を行っていても、シミはできます。
シミは、予防が大切ですが、できてしまったシミも、適切な治療で改善することが可能です。
シミの原因は、メラニン色素です。
紫外線を浴びると、肌を守るために、基底層にあるメラノサイトがメラニンを生成します。
肌のターンオーバーが正常だと、メラニン色素は体の外へと排出されます。
しかし、様々な原因によってターンオーバーが乱れると、メラニン色素がスムーズに排出されず、シミとなって残ってしまうのです。
シミの治療で人気があるのが、トレチノイン治療です。
トレチノインは、アメリカではニキビの治療薬としてFDAに認可され、多くの患者が使用しています。
トレチノイン治療は、シミを改善する効果に加え、シワに対する効果も期待できます。
トレチノインを使ったシミ治療は、患者が治療薬を塗布するので、医師の説明をよく聞いて実践する必要があります。
早くシミを改善したいと、決められた使用量より多く塗布すると、肌トラブルの原因になります。
医師が決めた用量と用法は、必ず守ることが大切です。
シミの治療は、約2ヶ月くらいです。
トレチノインを使ってシミ治療を行っている間は、保湿剤を使って肌に潤いを与えることも大事です。
さらに、毎日の紫外線対策も必要です。
生活習慣の乱れは、健康にも美容にも影響を与えるので、生活習慣の見直しも重要です。
トレチノイン治療を始めると、皮膚が赤くなる人がいます。
しかし、皮膚の赤みは、しばらく経つと消えていきます。
長期間赤みが消えず、かゆみもある人は、医師に相談した方が安心です。
トレチノインを使っている間は、紫外線の影響を受けやすいので注意が必要です。
トレチノイン治療は、妊娠中の女性は受けることができません。

サイト内検索
人気記事一覧